満開を迎えた桜もあっという間に散ってしまい、夏日が続いています。
少し早く夏を感じてみてはいかがでしょうか?
今年も夏蔵舞を発売いたします。

夏蔵舞は弥栄町野間地区の岡本毅氏、久江康幸氏、藤原薫氏が栽培した亀の尾米を70%まで磨いて醸した純米酒で、爽やかな味わいとキリっとした酸味は青リンゴをほおばった時のような果実感を楽しめます。
開けたては少し発泡しており、少し待って炭酸が抜けると旨味を感じやすくなるため時間をかけて楽しんでみるのもおつです。
今の時期だとタラの芽や山菜の天ぷら、ホタルイカの沖漬など旬の食材と合わせて見てください。

夏蔵舞は季節限定酒のため、4月中旬~8月末または売切次第、終売となりますのでご了承ください。

夏蔵舞2021
アルコール度:15.25
日本酒度:-10.96
酸度:2.23
アミノ酸度:1.42
容量は1800mlと720ml。

亀の尾米での商品は今年で終了予定です。
この機会に是非どうぞ。

Pin It on Pinterest

Share This!

よろしければ、シェアお願いいたします。