新品種「丹亀の尾」に移行します。

新品種「丹亀の尾」に移行します。

今年の亀の尾が精米所からもどってきました。 6年前、網野町の梅田和男氏が亀の尾米から突然変異種を発見しました。 丹亀の尾(たんかめのお)として2021年2月農林水産省へ品種登録をしていただきまして、はれて亀の尾蔵舞のタンク1本目に使用いたします。 亀の尾米は白い稲穂が特徴的でしたが、丹亀の尾は赤い稲穂が特徴的です。 そして来シーズンより丹後の気候風土に適した新しいお米、丹亀の尾に移行します。 亀の尾米としての亀の尾蔵舞は今年のタンク2,3本目で最後の醸造となります。 集大成を目指し、醸造させていただきます。...

Pin It on Pinterest